なぜ「花粉症対策にヨーグルト」!?乳酸菌があそこに効果的?

花粉症にヨーグルトが効く?!ってあなたは聞いたことがありますか?

もし、それが本当なら、からだにも良さそうだし実行してみたくなりませんか?

もともと、アレルギー性鼻炎をお持ちの方は、アレルギー体質だから仕方がないと、花粉症を根本から改善することをあきらめがちです。しかし、なぜ、アレルギー体質なのか、原因をさがしてから対策を考えていくほうが、合理的ではないでしょうか?

もちろん薬を飲むこともたいせつですが、今回は食生活を振り返り、ヨーグルトがなぜ花粉症対策になるのか?をご紹介していきますね。

 

じつは、ヨーグルトの乳酸菌にその理由があった!

 

花粉症は、スギやイネなどの花粉が、目や鼻の粘膜に付着することで、目や鼻のかゆみ、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状が起こることをいいます。

最近では、日本人の4人に1人が花粉症といわれ、一種の国民病として認知されつつあります。

人のからだは、体内に入ってきた、病原菌やウイルスなどの有害な異物を排除するときに 「免疫」が働きます。この「免疫」によって様々な病気の発生から、私達人間は守られているのです。

そして、腸にはからだの約70%の免疫細胞が存在するといわれています。

 

腸内環境を整えるヨーグルトの乳酸菌

 

では、花粉症の元凶となるアレルギー反応を起こさないようにするには、どのような状態が好ましいのでしょうか?

腸内には、異物に対してアレルギー反応を起こす「Th2細胞」と、アレルギー反応を抑制する「Th1細胞」の2種類の「T細胞」が共存しています。

花粉症は、アレルゲンによってTh2細胞が過剰に増産されることによって、発症します。

Th2細胞が活性化して数が多い状態のときに、乳酸菌が腸内環境を整えていてくれると、Th1細胞とTh2細胞のバランスを正常に保ちやすくなるのです。

ヨーグルトが花粉症に効果的といわれる理由は、ここから来ているようですね。

 

ヨーグルトの効果的なとり方

 

それでは、花粉症対策として効率よくヨーグルトを食べるには、どうしたら良いのでしょうか?

たとえば、咳止めの薬などは、就寝前に服用しますよね。明け方の咳(モーニングアタック)を予防するために、症状が起きやすい時間より前に飲むよう、薬局で指導されたことはありませんか?じつは、ヨーグルトも同じなんです。

 

したがって、花粉が飛ぶ時期になってからヨーグルトをとり始めたのでは、腸内環境を整えるには「とき、すでにおそし」です。

「腸内細菌を変化させると、体内の環境がアレルギーを抑えるようになる・・・以下省略」と厚生労働省も、花粉症に対するヨーグルトの効果について発表しています。

ヨーグルトだけではなく、乳酸菌を含む食品(キムチ、みそ、しょうゆなど)を毎日の食事に継続的にとり入れていくことで腸内環境を整え、花粉症を起こしにくいからだに改善していくスタンスで積極的にとることがたいせつです。

乳酸菌は腸内にとどまり続けることができないため、毎日、少しの量でもヨーグルトを食べ続けて腸を元気にさせることが、花粉症対策にもつながります。

花粉症の季節が到来する前からヨーグルト習慣をとり入れていきたいですね。

 

「花粉症対策にヨーグルト」まとめ

 

いかがでしたか?

ヨーグルトがなぜ花粉症に効果的なのか?について、少しはおわかりいただけたでしょうか?

もし、あなたが耳鼻科に通われているなら、お薬と併用しつつ上手くヨーグルト習慣で、花粉症対策してみてくださいね!