女性の老化の判断基準?男目線は違う⁉

アラフォーにもなると、ご自分自身のあらゆる面における老化現象が気になり始めていませんか?一般的に、老化というと、顔のシミ、シワを連想しがちですが、そこだけに着目していては、老化の加速度をゆるめることは難しいかもしれません。今回は、いろいろな視点から女性の老化について、ご一緒に考えていきましょうね!

 

男性は女性のどこを見る?年齢を直接聞かずに探るとき⁈

 

あなたはご存知ですか?他人がよく見ている部分と、自分が気になって一生懸命ケアしている部分が、実は全然違うってことを…。男性は女性の手のシワで年齢を判断する人が多いという結果が「Qzoo」インターネットリサーチで出ています。:調査期間2017年7月14日〜2017年7月17日対象

女性は顔や髪、ファッションだけを見られてると思い込み、手のケアは荒れた時以外は後回しにしがちです。しかし、意外なことに会話等をさりげなくしている時に、相手の手の動きに目がいくことって案外ないですか?意中の男性と接している時に、じろじろ見られても申し分ないくらいを意識して、日頃から手のケアはきちんとするようにしたいですね。ハンドクリームで保湿したり、炊事の時はゴム手袋をはめたりして、乾燥から守るように心がけましょう。

手の次は、顔、バスト!

 

まず最初に、手はシワで年齢を判断されるというお話をしましたが、顔、バストも男性が最初に見る重要な部位に入ります。では、顔やバストに共通して老化を感じさせるポイントは、どこだと思いますか?

どんな人でも、年齢を重ねるとともに、顔を含めすべてのラインが下がることはあなたもご存知ですよね?

ということは、バストも勿論下がるということです。下がる原因は筋肉の衰えからです。したがって筋肉をつけて、下がるのを少しでも遅らせるようにしたいですよね?

 

顔や身体のラインをシャープに保つのが若見せの鉄則‼

 

アラフォーになってくると、若い頃とくらべ、顔も身体も丸みを帯び、たるみがちになり、立体感がなくなってきます。顔と身体のシャープさを少しでもキープするよう、これからは「若見せ対策」をしてみませんか?

 

顔の若さを引き出すには⁈

 

あなたは、メイクの仕方や口紅、アイシャドウの色は、年齢とともに見直してますか?肌の血色やキメ、たるみ、シワが20代の頃とアラフォー世代とは確実に違うので、若い頃と同じ好みでファンデーションの種類やポイントメイクの色を決めていないか?チェックしてみてくださいね。

 

若見せメイクのポイント

 

・下地で、くすみや毛穴の凹凸をカバーし、ファンデーションは出来るだけ薄く塗る。(厚塗りはシワを目立たせる原因となる。薄塗りは肌の透明感アップ効果)

・眉毛の傾斜はやさしく上向きのアーチ状に描く。(目もとのハリが失われつつあり、アイホールがくぼんで見えるのを避けるため)

・目もとにハイライトを入れる。(目の下のたるみ、くすみをハイライトで軽く見せる)

・アイシャドウ、口紅、チークは、キレイ色で(若い頃好きだったブラウンがかったカラーは今の肌色を余計にくすんで見せてしまいます)

・アイラインは黒で上下両方に入れず、ダークブラウンくらいの色で下まぶたは、まつ毛のすき間を埋める程度に。(アイラインを下まぶたにくっきり入れてしまうと、タレ目になり老け見えの原因に)

・マスカラをまつ毛の下側から持ち上げるようにつける。(下がりがちな上まぶたを引っ張るつもりで。マスカラで目力アップ)

 

若見せしようと、がんばりすぎたメイクは、かえって老化した顔を際立たせる結果になってしまい、実際の年齢より老けて見られてしまったりするので気をつけましょうね!

 

若々しい身体のラインをつくるには⁈

 

中年太りじゃなきゃいいだろ!とただ、痩せるだけでは、メリハリのない老人のような体型になってしまい、老け見えの原因になります。バランスのよいプロポーションをアラフォーだからこそ、努力して目指していきたいですよね?

 

バランスのよい体型づくりに不可欠なこと

 

・正しい姿勢を、常日頃から心がける。(正しい姿勢をキープするだけで腹筋や背筋を使い、ながら筋トレが出来る)

・ストレッチをして身体のしなやかさを保つ。

・筋トレを2〜3日に1回のペースで行う。(腕立て伏せ、腹筋、スクワット等、ヒップアップ、お腹痩せ、他、自分の引き締めたい部分を狙ったコースで)

 

筋トレも、最初からはりきりすぎて、高い入会金を払ってジムに通ったりするのはあまりオススメしません。自宅で空いた時間に、マシン無しで気軽に出来る内容の方が継続出来そうですよね?

 

せっかく女性に生まれたなら、マイナス10歳を目指すつもりで対策していけば老化も怖くありません!

 

どんなに若い服装をしていても、土台となる、あなた自身の手、顔、プロポーションが「おばさん全開!」だったら、老化した女性のお手本にされてしまいます。洋服をキメているだけに余計に痛くて老け見えしてる、おばさん。

 

そんなふうに言われないためにも、今日から「脱老化!脱おばさん!」をスローガンにしてがんばりましょうね!