職場の人間関係に疲れた時、心を楽にする方法

あなたは、人間関係でストレスを溜めやすい方ですか? 

近頃は、新入社員でも入社して間もなく、鬱になってしまい休職する若者が増えています。学校で、勉強は教わってきても人間関係でつまずいた時の立ち直り方までは、きちんと教えてはくれません。 

人との関わり方や、落ち込んだ時の立ち直り方は、実際に体験しないと学習できないので誰もが、その現場に遭遇した時に戸惑い、悩み、ひどい場合にはこころの病を発症してしまうのです。 

こころの病になる原因は、感情を外に吐き出さず、悩みを我慢して一人で抱え込み、頑張り過ぎた結果が多いのではないでしょうか? 

人間関係でつらくなった時は、自分の信頼できる人に頼ってみましょう。ただし、悩みを解決してもらう為に話すのではありません。 

聞いてもらうだけで、こころは浄化されて楽になることが多々あるので、あなたも信頼できるキーパーソンを作ってみてはいかがですか? 

職場で疲れやすい人は、リラックスする場所、相手が居ないからかもしれません。 

あなたは、職場とプライベートを変な意味で分け過ぎてはいませんか? 

確かに仕事と私生活に一線を引きたい気持ちはわかります。 

だからといって職場の人とはプライベートで、一切関わらないと決めてしまうと、職場の悩みをオンタイムでわかってもらえる人がいなくなってしまいます。 

今どきの若い世代は、そういう考えの人が多いと思います。そのため、余計に適応障害などこころの病で仕事を休む若者が増えているような気がします。 

せっかく仕事に慣れてきたのに、人間関係で毎回、職場を変わるのも残念でもったいないことですよね? 

 そうならない為にも、職場に話せる人、愚痴を言える仲間を作ることはオススメです。 

人間関係に悩んでいても、ほかの人も自分と同じように考えていたり、嫌な気持ちを我慢しているのがわかれば一緒に頑張る気持ちになれそうですよね? 

是非、職場に「戦友」を作りましょう! 

職場の人間関係はストレスしか生まない!という考え方をプラスに変換しましょう! 

あなたは毎日の生活で、どこで過ごす時間が一番長いですか? 

仕事をしていれば、職場ですよね? 

そしたら、そこの場所では、なるべく緊張感なくリラックスした姿で過ごせた方が身体にいいと思います。 

ほかにも、気軽に相談できる友人や話の合う仲間がいたら、仕事に行くのも苦痛ではなくなりそうです。 

つらい大変な仕事内容でも、人間関係が良ければ、乗り越えられますものね。 

人と人が信頼関係になるには、それなりの時間もかかると思いますが、同じ職場で度々顔を合わせていれば、だんだんと、その人となりを見極めることが出来るのではないか?と思います。 

仕事が終わったら、ササッと家に帰るのではなく、たまには勤務終了後に同僚などに雑談してみたらいかがですか? 

それらのなかで、あなたが気を許せる人がきっと出てくるはずです。 

職場の人間関係、マイナス要素ばかりではないことをおわかりいただけましたでしょうか? 

良い人間関係は、どんな場所でも作れるし、遊びや趣味仲間、学校でしか作れないものではありません。 

職場は仕事をする場所!と決めつけないで、もっと楽に考えてみたらいかがでしょうか?

ストレスでつらくなったときは職場の仲間に頼ってみてください。 

きっと気持ちが楽になり、仕事を続けられることができますよ♪( ´▽`) 

給料を貰う為だけに仕事に行くのではなく、良い人間関係も職場で学べたら棚ぼたですよね!