インスタントな日焼け対策予備知識!

あなたは、季節に関係なく日焼け止めクリームorミルクなどを使って紫外線対策をしていますか?

アラフォー世代は「素肌が勝負」といっても過言ではないでしょう。

加齢に伴わないようにお肌のケアをきちんとしていけば、マイナス10歳肌も決して夢ではありません。

お肌を若々しく保つために1番気をつけたいのが、日焼け(紫外線)対策です。

日焼けは、その場では気づかなくても、何年も経てば「シミ」となって、あなたの顔の一部分を汚す元となります。

10代の頃に、日焼け止めを塗らずに若さに任せて海やプールに行っていた結果、今のあなたのお肌はいかがですか?

若い頃から、もっと徹底した日焼け対策をしていれば、今のあなたのお肌のシミはもっと少なくて、薄かったかもしれません。

 今回はピンポイントで日焼け対策についてご紹介します。

ずばり!日焼け止めには、どんな物を使えばいいの?

お化粧歴のあるあなたなら、日焼け止めはいくつか使ってきましたよね?

でも実際、ドラックストアに行くと、多種多様な日焼け止め、クリーム系、ミルク系が陳列されていて、どれを買えば良いか悩んでしまうかも。

使用目的によってはSPFの数字にこだわる必要がありますが、基本的な日常生活にはSPF30もあれば、充分だと思われます。

海やプール、キャンプなどに行き一日中強い日差しを浴びる場合はSPF50くらいが必要な時もあるかもしれませんが、数字が高くなるほど肌への負担は大きくなるといわれています。

肌の弱い方は、なるべく自然素材でハーブ系のものや、数字が30以下のもので余分な添加物が含まれていない、肌に優しいものを選ぶとよいと思います。

あと、日焼け止めを塗る上でプラスしていただきたいポイントがあります。

日焼け止めは、朝、一回だけ塗れば大丈夫!ではありません。

とくに、汗をかく夏はもちろんのこと、朝、日焼け止めを塗っても、時間が経てば落ちてしまったりするので、こまめに塗り直すことが大切です。

さらに、朝の基本的なお手入れは、洗顔、化粧水、美容液、乳液、日焼け止め、ファンデーションの順番になりますが、乳液やファンデーションにも、SPFが入っていれば、更に良いと思います。

ファンデーション後の仕上げのお粉も、SPF効果の高い商品がほとんどになってきているので一度、試してみてくださいね!

紫外線の拡散効果もあるので、おすすめです。

ぜひ、あなただけのお気に入りの日焼け止め商品を見つけにドラッグストアに足を運んでみてください。

美肌への第一歩は日焼け対策!マイナス10歳肌をめざしましょう!

年齢を重るほど透明感のある素肌になれたらステキだと思いませんか?

実際、色の白いキレイな肌の年配の女性を時々お見かけします。

顔のつくりは変えられなくても、素肌のキレイさはお手入れの仕方で改善できます。

かなり前から美白ブームは続いていて、雑誌やテレビでも特集を組まれ、美白の化粧品はとてもたくさん出回っています。

日焼けがシワの原因にもなるといわれているので、ぜひ、日焼け止めを使いましょう。

  一年を通して、日焼け対策を万全に、マイナス10歳肌をめざしてがんばりましょうね!