「海の日」がはじまったのはいつから?イベントで移行する日本の祝日

あなたは「海の日」が〇月〇日なのかをご存知ですか?

7月20日と思っているかたが案外まだ多いかもしれませんね。

今年は日本で「東京オリンピック」が開催される予定でしたので、開会式閉会式にともない「海の日」「山の日」「スポーツの日(体育の日)」を通常のカレンダーの場所から移行しています。

日本の暦やカレンダーを普段からしっかり見ているかたなら、祝日がイベントで移行したこともご存知かもしれませんが、それ以外のかたは気づいていないかもしれませんね。

今回は3祝日のうちのひとつにあたる「海の日」について調べてみました。

「海の日」は今の時代用に平成にできた祝日ではなく、明治時代、天皇陛下の史実にもとづいてできた「記念日」だったようです。

あなたも「海の日」はいつからか?

日本の祝日やカレンダーについてご一緒に勉強してみませんか。

「海の日」はいつからあるの?

さて「海の日」は具体的にいつ?というところからはじめていきましょう。

今現在は7月の第3月曜日が「海の日」とされています。

しかし制定時当初、平成7年(1995年)には7月20日と定められ、翌年の平成8年(1996年)からはじまった「平成生まれの祝日」なのです。

なぜ「海の日」?名前の由来は?

「海の日」は国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)の第2条「国民の祝日」のなかで次のように記されています。

海の日:7月の第3月曜日 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。

今年は東京オリンピック開会式の前日、7月23日に移行しています。

カレンダー上ではオリンピック観戦にともなう旅行者等が無理なく動けるよう、国民のために配慮した4連休に組まれています。

さて、話を「海の日」の名前の由来に戻しましょう。

上記にあげた条文内の「海洋国日本」という言葉からも歴史が感じられませんか?

じつは「海の日」と制定される前、この日は長い間「海の記念日」として認知されていたのです。

その記念日をつくったもとになる人物は明治天皇だったそうです。

明治9年(1876年)に明治天皇が近代日本のために様々な改革を試みながら全国を船で巡っていました。

7月20日は天皇が青森から北海道の函館をまわって横浜港に帰着された日です。

それ以来、この日は「海の記念日」と呼ばれるようになりました。

平成15年(2003年)改正の祝日法(※ハッピーマンデー制度)により「海の日」は7月の第3月曜日に変更され現在に至っています。

※ハッピーマンデー制度:日本において国民の祝日の一部を従来の固定日から特定週の月曜日に移行させた法改正。週休2日制の企業(公務員含む)が増えたことにより土曜日、日曜日に続く月曜日を国民の祝日とすることで3連休とし余暇を過ごせるようにという趣旨で制定されました。

東京オリンピックにともない移行された他の祝日

「海の日」以外に、今年開催予定になっていた東京オリンピック(新型コロナウイルス感染症拡大の影響で来年に延期)にあわせ「山の日」と「スポーツの日」もカレンダー上で移行しています。

では、まずそれぞれの日について見ていきましょう。

山の日:8月11日 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日(祝日法第2条)

「山の日」は平成28年(2016年)1月1日施行の改正祝日法により新設された「海の日」以来、20年ぶりの祝日となります。

今年度は東京オリンピックの閉会式の翌日にあたる8月10日に移行しておりオリンピック観戦者にとっては動きやすいカレンダーとなっています。

もともとこの祝日は、お盆休みと連続させたいという意向から8月12日を祝日にする案も出ていたようです。

しかし、12日はJAL123便事故(御巣鷹山墜落)が起きた悼む日でした。

そのため祝日にはふさわしくないという理由で前日の11日になった経緯があったようです。

スポーツの日(体育の日):10月の第2月曜日 スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う(平成30年法律第57号)

「スポーツの日」に名称変更される前の「体育の日」は前回の東京オリンピック(1964年)の開会式が行われた10月10日を1966年から祝日としたのがはじまりです。

この「体育の日」も※ハッピーマンデー制度によって2000年から10月の第2月曜日に移行しています。

今年の東京オリンピックは開会式が7月24日に行われる予定でしたのでオリンピックの趣旨にふさわしく「体育」から「スポーツ」に名称も変更し、祝日も10月から開会式当日に移行。

今年のカレンダーは東京オリンピック日程にともない7月は4連休となっています。

「海の日」の他にハッピーマンデー制度で移動になった祝日は?

日本の祝日は全部で16日あります。

「海の日」や「スポーツの日」以外にハッピーマンデー制度によって移動になった祝日をあと2つあります。

成人の日:1月第2月曜日(1999年までは1月15日)

敬老の日:9月第3月曜日(2002年までは9月15日)

両方の祝日ともに御祝い日の前日も支度の関係等で連休になれば都合が良い人が多いのではないでしょうか?
そういったことも考慮にいれての移動だったかもしれませんね。

「海の日」はいつから?祝日について少し詳しく学べましたね!

今年は東京オリンピック開催予定だったため3祝日の移行がありました。

日頃なにげなくスルーしてしまうカレンダーですが「山の日」や「スポーツの日」も違う月に移行したので日本の祝日について改めて注目した人は少なくなかったかもしれませんね。

祝日の意味を知ればもっと有意義な過ごし方もできそう!

東京オリンピックが来年に延期になったので来年のカレンダーも今年同様、3祝日が移動になる可能性は高そうです。

来年の「海の日」は名実ともに晴れて「東京オリンピック」が翌日からできることを祈っています。