耳に水が入ってしまった!うまく取り出す方法は?

あなたはプールやお風呂、シャワーなどで耳に水が入って困ったことはないですか?

小学生のこどもがプールサイドで片足ぴょんぴょんとはねながら、軸足側の耳を下に向けて水出しをがんばっている姿はおなじみの光景かもしれませんね。

ところが耳の中の水は蒸発させるのが1番なんですよ。

わざわざ水を取る行為は必用ありません!

こんかいは、耳に入った水を取り除く方法について一緒にお勉強していきましょう。

耳に入った水を放置するとどうなるか?

プールやシャワーのタイミングで誤って耳の外耳道(途中で曲がっていて約3センチほどの長さ)に水が入ってしまった経験はあなたにもありますよね?

外耳道そのものは水が入りにくいようカーブした構造になっています。

したがってそんなにひどい状況で水が入ることはないでしょう。

しかし、万が一、水が入ってしまったらそのまま水を蒸発させるのが耳の中の水を取り除くには1番よい方法なんです。

耳の中の水分は数時間も放置すれば蒸発して乾きます。

綿棒や耳かきで外耳道の中をこするのは外耳道の内側の皮膚を傷つけたり感染症(外耳炎)を引き起こしたりする原因にもなりかねません。

耳に入った水は放置すれば水分は蒸発し無くなるので心配ないですよ!

もし翌日になっても耳に違和感があったら?

ここまでで、耳の中の水は放置すれば蒸発して無くなるとご説明してきましたが、翌日になってもまだ耳に水が入っているように感じる場合は別のところに原因があるのかもしれません。

耳に水が入っているように感じる原因

・耳垢の詰まり

・低音の聴力機能が低下

・耳と鼻をつなぐ耳管機能の異常による耳管狭窄症や耳管開放症

・耳漏

これらの症状が耳に水が入っているように感じさせることもあります。

耳垢の場合は、外耳道を傷つけないように綿棒などでやさしく耳垢を取り除けば違和感は解消するはずです。

耳垢を取っても耳の不快感が残るときは早めに耳鼻科を受診しましょう。

耳に入った水をできるだけ早く取りたいときは?(数時間放置がイヤな人への対処法)

丸めたティッシュを耳に当て水をしみ込ませて取る方法なら安全なのでおすすめです。

綿棒は先が細く外耳道を傷つけやすいので、デリケートな耳は穴入り口に柔らかいティッシュを丸めて当てるくらいがちょうどよいでしょう。

あるいは、水の入った耳の斜め後ろを後ろに軽く引っ張りながら水の入った耳を下に向けて口を開いたり閉じたりする方法もよいかもしれません。

ぜひためしてみてくださいね。

耳の水はわざわざ取り除かなくても大丈夫!

耳の水を取る方法について、いかがでしたか?

もし、シャワーやプールで耳に水が入ってもそのまま乾燥させればよいだけなので心配なくなりましたね。

私も以前は綿棒で耳の中の水を取ろうとしたことがありましたが、外耳道はデリケートな部分だと今回は勉強になりましたので、これからは必用最低限の耳垢取りだけにしようと思います。

あなたもたいせつな耳を大事に扱ってあげてくださいね。