40代のロングヘア は痛い?若魅せのヘアスタイルは?!

この記事を読んでくださっているあなたは、ロングヘアでしょうか?

ショートヘアよりロングのほうが無難という理由だけで、20代からヘアスタイルを変えずにきてしまっているだけならそろそろイメチェンしてみませんか?

髪はオンナの命! 

「サラサラで艶やかなロングヘアは、女性の永遠の憧れ!」というフレーズ は、今も昔も変わらないかもしれませんね。

もしも「どんな髪型が好きですか?」と質問をされたら、あなたはなんと答えますか? 

たとえば、ロングヘアと答えたとしても「好き」と「似合う」は別ものなので改めてこの機会に今のあなたに似合うヘアスタイルを考えてみてはいかがでしょうか?

バブル時代に流行っていた「ワンレン、ボディコン」スタイルは記憶に残っていますか?

当時は髪型、服装が不気味なほどみんな一緒でした。 

でも、40代は20代の約2倍の年齢なので、白髪も増えてくると月に2回くらいは 染めに行かなければなりません! 

美容院に月に2回、カラーリングに行くのはなかなか不経済です。

しかもロングヘアだと染める範囲が広くなり、余計にお金もかかります。 

プラスアルファで、白髪を染め出すとやめられなくなり、髪のツヤもどうしても損なわれてしまいます。 

それなら、いっそのことロングヘアをやめてショートカットやボブ、或いは、肩につくかつかないかのセミロングにイメチェンしてみませんか? 

きっと、ロングヘアにはない新鮮さを気に入っていただけると思いますよ!

ロングヘアにするなら、前後姿のギャップ無しにしないと公害になるかも?! 

これは、私の体験談です。

以前、車を運転していたときに、ロングヘアで ミニスカートの女性の後ろ姿を見かけました。

「背中美人」だったので、車で横を通過しながら顔を見てみたら、、、見なきゃよかった!と後悔する結果となってしまいました。

ある程度の年齢になったら、ロングヘアはやめた方がいいかもしれないと思うきっかけになった事件でした。

どこから見ても「つりあいのとれたスタイル」をめざすようにしたいですね。

ロングヘアから軽やかな髪型にイメチェン してみませんか? 

ショートに比べてロングヘアは、美容院に頻繁に行かなくてもいいので、楽だし経済的なメリットはあります。 

でも、思い切って髪を短くしてみると、長かった時よりもかえって若く見えるようになる人が案外多いのではないでしょうか? 

ショートヘアは軽快に見えて、若返るのかもしれませんね! 

ショートカットやショートボブは、意外とどんなファッションでも似合います。 

髪を短くした分、軽くパーマをかけたり、 明るめの色でカラーリングするとオシャレ感が出てよいかもしれません。 

クシュクシュッとしたショートボブは、若々しくファッ ショナブルなスタイルになると思いますよ。 

髪が短いとヘアケアも楽になるの で、ロングの時よりお手入れも行き届いてきちんと感も出せそうですね。

髪にツヤやサラサラ感も蘇ったりして、ショートヘアはいいことづくめかもしれません。

ロングヘアの「痛いオバサン」にならない為に! 

「髪が長い=キレイな女性」の固定観念はもう古いかもしれません。

アラフォーだからこそ、いろんな髪型に挑戦してファッション とトータルコーディネートを楽しんでみてくださいね!