子持ちバツイチ女性の再婚は独身女性の結婚よりかんたん?!

子持ちバツイチのあなたが、再婚なんてできるわけないとあきらめていませんか?じつは、バツイチ女性が成婚率をあげているのをご存知ですか?では、どのようにしたら幸せな再婚ができるのかをご一緒に考えていきましょうね。

なぜ子持ちバツイチでも結婚できるの?

バツイチというだけでもハンディはじゅうぶんなのに、プラス子持ちの女性のほうが独身女性よりも成婚率が高い結果が 厚生労働省 のサイトに公開されています。一体どうしてなんでしょうか?ここからはその興味深い理由についてご紹介していきます。 (引用:厚生労働省発表の平成28年度版「婚姻に関する統計」)

バツイチ女性は独身女性より魅力的でモテる?!

バツイチ女性と一度も結婚したことのない独身女性との違いは、第一に経験値があげられます。恋愛やお見合いから結婚まで進んで、出産、子育てをし、家事や仕事もしながら家庭を守り、結果的に離婚してバツイチになったという経験をバツイチ女性はつんできています。明らかに独身女性に比べ、同じ年数を生きているとしても人生に深みがでるのではないでしょうか?結婚生活は楽しことばかりではなく、様々な苦労もあるため、それを乗り越えながら頑張って生きてきた経験がバツイチ女性の魅力として蓄積され生き様や表情を、より魅力的にしているのかもしれません。

離婚してひとりで子供を育ててきたため、精神的、経済的に自立している。

まだ結婚歴のない独身女性は、結婚生活に対し夢や理想があり相手の男性にいろいろと求めてしまいがちですが、バツイチ女性は一度、結婚、家庭生活を経験してきているので極めて現実的に、再婚については考えることができます。そのため社会で揉まれている男性にとっては、仕事の話をしてもよくわかってもらえたり相談相手にもなってもらえるため、人生のパートナーとして大変魅力的に映ることでしょう。

母親であるからこそ男性にとっては魅力的に映ってしまう。

もともと男性は、マザコンが多いですよね?子供を持つバツイチ女性は子育てしながら家事と仕事の両方をこなして生きてきました。生活のために仕事は責任をもってしなければなりませんが、それ以上に子供とも真剣に向き合って毎日の生活を送っているはずです。父と母、両方の役割をひとりでこなしている女性を魅力的に思わない男性がいないはずありませんね。

では、再婚できるバツイチ女性の特徴を見ていきましょう。

おばさんになっては、いけません!

まず、子育てしているからといって母親の顔になりきっていないか、仕事と家事で余裕がなく、髪を振り乱して日々の生活をおくっていないか?を振り返ってみてください。男性は、生活感に溢れ、仕事と子育てにいっぱいいっぱいの女性を恋愛対象として見ることはできないでしょう。たとえば、婚活している男性も第一印象で声をかけることが多いため、疲れ切った「おばさん」の顔をしていては最初から「対象外」にされてしまうかもしれません。優しそうで感じが良い、女性らしく魅力的な印象に惹かれ恋に落ちる男性が多いので、見た目や雰囲気に気を遣い「女性」を忘れないことが大切です。

前向きでプラス思考。

友達でもそうですが、考え方が前向きで明るいひとと一緒にいる時間は楽しくて、また、すぐに会いたくなってしまいませんか?逆に、暗くてマイナス思考のひととは、用事で会ったとしても一度会えば、「もう、じゅうぶん!しばらく、いいわ!このひととは。」と思ってしまいますよね?ご自分自身もプラス思考でいるほうが日々の生活を楽しく元気に過ごせるはずなので、常に前向きでいられるよう心がけたいですね。

自分をよくわかっている。

独身女性に比べ、バツイチ女性は一度結婚に失敗しているため相手の男性に多くを望まない傾向が多いと思われます。自立して子育てしているので、働いてお金をもらうことの大変さもよくわかっていますし、少なからず離婚した原因についても考え、反省しているところがあるかもしれません。もしも、独身女性が3K、高学歴、高収入、高身長、にこだわって婚活しているのに比べたら、バツイチ女性は分相応をわかっているので、婚活市場でもモテる結果につながってるのかもしれませんね。

安易な気持ちで付き合わない。

バツイチ子持ち女性は、子供中心に生計を立てているため、独身のときとは違い、男性の選び方も変わってきます。子供との相性はどうか?人間性はどうか?等に重点を置くようになる場合が多くなります。相手の男性を条件よりも人間性や相性で選ぶ割合が高くなってきます。そういう真面目で誠意ある女性に、余計に惹かれてしまう男性は少なくないのではないでしょうか?

バツイチ子持ちで再婚するのは、気がひけてしまう?

一度、結婚に失敗して、子供まで設けてしまうと再婚に対して、なかなか前向きに考えるのは難しいかもしれません。自分自身でハンディを感じてしまい男性からアプローチを受けても消極的な態度になってしまったり、前向きに再婚を考えることが困難になりがちです。ハンディの一因となるのが我が子と相手の男性とうまくいくだろうか?という不安です。しかし、男性が真剣に付き合いたいと言ってくれた場合は、子供にも話して、子連れデートをしてみてもいいかもしれません。一度きりではなく、子供も入れて何回も会って話したりして、よい関係を作っていけば再婚に対しての不安もだんだんと解消されるかもしれません。

再婚相手の経済的出費が増えたら申し訳ない。

子持ちの自分と再婚することで、相手の男性の経済的出費が増えることを想定してしまい、再婚に二の足を踏む場合も考えられるかもしれません。しかし、あなたも今までどおり一生懸命働いて再婚相手と一緒に家庭を築いていけば、遠慮なく生活出来て、お子さんも、より幸せを感じられるのではないでしょうか?

相手の両親とうまくやっていけるか不安?

結婚すれば、必ず、お互いの両親と少なからず、関わりを持つ可能性が出てきます。バツイチで子持ちの場合、最初の挨拶に行くのにも、ひけめを感じ、気がすすまないかもしれませんが、つつみ隠さず、あなた自身をみてもらい、その上で良い関係性が築ければ、鬼に金棒ではないでしょうか?相手のご両親とうまくやれるということは、再婚相手の男性とも、うまくいくことがほとんどなので、もし不安があるなら、最初にクリアしたほうがよさそうですね?

経済、精神状態が安定していれば、再婚に対して前向きになれる。

いままで、親子2人の生活を困窮することなくおくれていれば、相手男性とも対等な立場で接することが出来ると思いますが、経済的に厳しいと、精神的にも追い詰められてしまうため、再婚相手に対して消極的になってしまうかもしれません。相手男性に親子で寄りかかった生活にならないよう、最低限の暮らしをおくれる収入は確保しておきたいですよね。

再婚相手との子供を作るか?

バツイチ子持ちの女性が再婚する場合、再婚相手の男性が自分の子供を作ってほしいと望むことも想定しておいたほうがよさそうです。その際にネックとなるのが自分の連れ子と再婚相手の間に出来た子に対して、愛情に差がでないか?が1番ネックになる問題のような気がします。結婚してから、子供を作る、作らないで揉めることのないよう、しっかり話し合いをしておいたほうがよさそうですね。

独身女性よりバツイチ子持ち女性の結婚のほうがかんたん?な理由をおわかりいただけたでしょうか?

男性が、結婚相手を独身女性から選ぶとは限らないとわかれば、バツイチ子持ちだからといって早々にオンナをあきらめるのは、とても、もったいないことですよね。再婚する場合はお子さんの年齢によって時期を配慮することも大切ですが、長い人生において、パートナーがいてくれたほうが楽しく元気に過ごせるに違いありません。今まで頑張ってお子さんと生きてきたあなたなら、きっと幸せな再婚も夢じゃありませんよ!