二日酔いのときのお昼ご飯はこれ!できるだけ早くラクになる方法

あなたは二日酔いで朝から動けなくなった経験はありませんか?

飲んでいる最中は楽しくて仕方ないから、ブレーキを踏むのが難しくて・・・。

ついつい飲み過ぎてしまい、翌朝になっての大後悔・・はよくあるお話です。

「お酒のない国にいきたい!」とひどい二日酔いに悩まされるたびに毎回反省してきた私です。

しかし実際のところはなかなか学習できていません。

それならばいっそのこと!?なってしまった二日酔いを、できるだけ早く解消する方法を見つけるしかないという結論に達したのでありました。

二日酔いのときはアルコールの分解で低血糖状態になっているうえ、アルコールの利尿作用によりカラダの水分もかなり不足しています。

したがって、まずは水分をとり血糖値をあげるためのブドウ糖補給がたいせつになってきます。

二日酔いになってしまった日の食事のとり方で、できるだけ早くラクになる方法を知りたくありませんか?

これからは二日酔いの修羅場!?をうまく乗り切れるようにしていきましょうね。

そもそも二日酔いの原因は?

お酒(アルコール類)を飲むとなぜ酔うのでしょうか?

ここではお酒を飲んで二日酔いになる経緯について少しご説明しますね。

アルコールが体内に入ると胃や小腸からアルコールが吸収されます。

その後、肝臓で有害物質「アセトアルデヒド」にかたちを変え血管をとおって全身にいきわたります。

この「アセトアルデヒド」が体内に残っていると二日酔いの症状(吐き気、頭痛、下痢、発汗など)を引き起こす原因となるのです。

二日酔いのお昼ご飯にはズバリ〇〇が必用!

さて、では具体的にお酒を飲んだ翌日に何を食べれば回復が早いか?についてお話させていただきます。

おそらく二日酔いで1番つらい症状は吐き気だと私は思いますが、あなたはいかがですか?

そこに頭痛がプラスされていれば「最強マックスの二日酔い」ですよね。

吐き気と頭痛で朝ご飯は食べられなかったとしても、お昼くらいになるとさすがにお腹が空っぽすぎて気持ち悪い症状に移行してくるかと思います。

ここでお昼ご飯に食べるものによって、二日酔いからの回復時間に差がでてくるんですよ。

脱水症状を回復させるための水分をとる

アルコールの利尿作用により二日酔い当日はカラダのなかの水分が減り、早く新しい水を入れて「アセトアルデヒド」を体外に排出したいというサインがでているはずです。

お酒を飲んだ翌日にとても喉が渇くのはそのためですね。

「アセトアルデヒド」が体内に残っているうちは気持ち悪さが抜けきらないのでお水やスポーツドリンク、経口補水液などを積極的にとりましょう。

お昼ご飯は、飲み物以外にも卵スープ(卵はアセトルデヒドを分解するLシステインを豊富に含む)やしじみ汁(肝臓機能を高めるオルニチン含有)なども水分としてとればなお回復が早まりそうですね。

低血糖を打破するためにブドウ糖補給

朝ご飯が食べられなかったら、お昼ご飯には即効でエネルギー源になってくれる糖質(ブドウ糖)を補給しましょう!

まだ胃の調子が悪いと感じるなら梅干し(有機酸が二日酔いに効く)や卵の入ったおかゆ、温かいうどんなど炭水化物(出先ならコンビニのおにぎりやサンドイッチでもかまいません)をお腹に入れてください。

二日酔いの低血糖状態には、ブドウ糖でパワーを補充するのが回復への1番の早道ではないかと思います。

もちろん、タンパク質でビタミンB1(豚肉)をとって胃腸の疲労回復を促すこともたいせつですが、まずは水分と炭水化物であなたのパワーを起動させることが二日酔い回復の最短の解消法になるはずですよ。

二日酔いのお昼ご飯は戦後のお献立!?

二日酔いのお昼ご飯について、ここまでの説明はいかがでしたか?

肝臓にはこれが効く!?などいろいろな情報をあなたも目にされていると思います。

しかし、戦後何もなかった時代には水と白いご飯(白米がなかなか手に入らなかった家もあるかもしれませんが)があれば事足りていました。

おかずやスープはなくても炭水化物(固形物は)さえあれば命はつなげてきたのです。

その原点を思い出せば二日酔いで食欲がないときは、お昼ご飯はおかゆとポカリスエットで回復できることもおわかりいただけるかと思います。

でも、くれぐれも飲み過ぎないように気をつけましょうね。

アラフォー世代は健康のことも考えながら楽しいお酒を!