ご利益満載?!豊川稲荷の魅力について

 

愛知県豊川市にある豊川稲荷は、商売繁盛を願って、全国から年間に約500万人以上の参拝客が訪れるお寺として有名です。豊川稲荷入口付近には、いなり寿司が売られていて、まるで観光施設のような人気スポットに思われがちですが、れっきとした宗教法人であり、神社ではなくお寺です。境内のパワースポットを余すことなくまわって、商売繁盛以外にも、たくさんあるご利益を頂いて帰れるように、ポイントをご案内していきますね。

豊川稲荷は通称?正式名称は「円福山 豊川閣 妙厳寺」

豊川稲荷は、日本三代稲荷の1つです。他に、伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)京都府、祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)佐賀県鹿島市があります。豊川稲荷の正式名称である妙厳寺は、座禅の修行で知られる「曹洞宗」のお寺です。豊川稲荷そのものは、実は、お寺のなかにある「神社の部分」にあたります。お寺なのに神社のトレードマークである鳥居があるのは、そのためです。参拝方法は、お寺なので神社の「二拝二拍手一拝」はNGです。本殿に向かって合掌し「おん しら ばった にり うん そわか」と7回唱えたあと、「住所」「氏名」「願い事」を心のなかで伝えます。

豊川稲荷のご本尊は千手観音様で、鎮守が豊川吒枳尼真天様(とよかわだきにしんてんさま)です。豊川稲荷は、豊川吒枳尼真天様(稲穂をにない、白い狐にまたがっておられる女神)からとって「豊川稲荷」として広まったといわれています。豊川稲荷にお狐様が祀られているのは・・・狐が吒枳尼真天様のお使い、眷属(けんぞく)だったためでしょう。吒枳尼真天様は中世には武家の守護神として役目をこなしてこられ、今川義元、織田信長、徳川家康が参拝していたことでも、この豊川稲荷はよく知られています。

豊川稲荷のご利益は?

豊川稲荷の代表的なご利益といえば、江戸時代から商売繁盛と立身出世で、金運アップにつながることではないでしょうか。しかし、それだけではありません。家内安全、家業繁栄、交通安全、学業増進、縁結び、開運、出産安全、病気全快、厄難消除、五穀豊穣等、20以上の事柄をご祈祷できます。境内にはパワースポットが何箇所もあるので、せっかくのご利益を頂き忘れのないよう、参拝しながらまわってみてくださいね。

本殿より先に行きたい霊狐塚

豊川稲荷=大小2000体を超える白狐の像で知られるお寺、ですが、実際のところ、本殿よりも先に足を運びたいのが、平成生まれのパワースポットといわれている霊狐塚なのです。霊狐塚には800体程度の狐の像が密集しています。もともと狐の像は内殿の敷地内に奉納されていましたが、入りきらなくなり、新しい保管場所として選ばれた代替地の霊狐塚に奉納されるようになったそうです。したがって、霊狐塚と内殿の白狐像をあわせると2000体を超えるのではないかといわれています。白狐像は、願いが叶った人が奉納していったものです。そのお値段は、小さなものでは8万円から。あなたも、白狐像の結集した霊狐塚に足を踏み入れただけで、豊川稲荷のご利益の大きさや信仰の深さを実感できるはずです。そういう理由から、まずは霊狐塚でパワーを頂いてから本殿にお参りするのがよいといわれているのでしょう。なお、狐の表情の違いはつくられた時代の差によって様々ですが、昭和生まれは、きつめのお顔、平成生まれは優しめ、といった感じでしょうか。でも、くれぐれも狐像に触ることのないように気をつけてくださいね。願いが叶った狐像には人の強い念がこめられているため、うっかり触ったとしても災いをもらいかねないので。

白狐像奉納の前に千本幟で心願成就を

豊川稲荷で新鮮な光景といえば、本殿から霊狐塚、裏門に至るまで白地に豊川吒枳尼真天の名前の書かれた幟がぎっしりと並び、風にはためいているところでしょうか。通常では、4000本、お正月シーズンには7000本に達するといわれています。

奉納するには、2000円の志納金を納めて、住所、氏名、願い事を書き込むだけで、一般の人も納めることができます。幟の設置期間ですが、正月は2ヶ月間、通常は4ヶ月間となります。

まずは、1000日分の精進の効果があるといわれている千本幟に願いを託し、叶ったら白狐像を奉納するのを目標に精進していきたいですね。

大黒天像で金運アップ

あなたが金運アップを祈願したいなら「大黒堂」の両サイドを固める大黒天像も見逃せません。大黒天様を優しくさすりながら「オンマカキャラヤソワカ」とご真言を唱えて願い事をしてみてください。福徳を授かるといわれています。大黒天様のお腹や小槌、膝などがえぐれているのは、大黒天様の粉末をお財布に入れておくとお金が増えるという噂を信じて実行に移した人が多かったからのようです。そんな現実からか、いまの大黒天様は入れ替わられて3代目になるそうです。

豊川稲荷の総門は心して通過せよ

ここからは運気アップ効果があるのに、知らないと何気なく通過してしまう部分について、ご紹介していきますね。

豊川稲荷の正面玄関の総門は。高さ4.5メートルの荘厳な建造物です。頭上には十六羅漢の姿、柱には中国の故事「登龍門」にまつわるストーリーが彫刻で刻まれていて、あなたが歴史マニなら、さぞ魅了されることでしょう。扉は1本の巨大なケヤキから切り出した厚さ15センチの板を組み合わせてつくられています。この扉、実は向かって右側には「コブ状の膨らみ」、左側には「へこみ」があります。地元で知られている願掛けとしては、門に入るときに扉の「へこみ」をなでて「マイナスの運気」を吸わせ、門から出るときに扉の「コブ」に触れて「膨らむ運気」をもらうというながれでおこなうそうです。

まずは、豊川稲荷に足を踏み入れる総門から心して通りたいですね。

本殿につながる参道も風水パワーが?

またまた、うっかりスルーしてしまいがちな本殿につながる参道について、補足させていただきますね。

豊川稲荷の参道は、7枚の石畳から成り立っています。左右の3枚が「人の通る道」、中央の1枚は「神様の通る道」という意味をあらわしています。参道と本殿を結ぶ道がまっすぐではなく屈折しているのは、「風水の知見」により「エネルギーの流れが強くなりすぎる」のを回避すべく、ずらした形になっているそうです。この参道を進むときも、そういう点を頭に入れて歩いて行くと、ご利益もさらに増しそうですよね。

豊川稲荷の魅力はすごい!ご利益満載!

いかがでしたか?商売繁盛のイメージが濃厚な豊川稲荷ですが、紐解いてみると、みどころがたくさんでしたね。本殿をお参りだけではもったいなくて、半日くらいはかけて、ゆっくり境内をまわってご利益を全身に吸収して帰りたいパワースポット満載のお寺です。

豊川稲荷を出ると参道商店街には名物のいなり寿司もにぎやかに販売されています。このいなり寿司も、五穀豊穣の五穀の1つの大豆からできている油揚げにお米を入れて置いたら、狐が持ち去ったいわれから起源は来ているかもしれないそうです。

豊川稲荷をゆっくり参拝したあとは、名物のいなり寿司に舌鼓をうちつつ、パワーアップして家路についてくださいね。