身近な洗剤やアイテムで、台所の掃除がカンタンに!

掃除箇所のなかで1番、面倒で後回しにしたい場所は、台所?!

ガンコな油汚れの換気扇やグリル、しつこい水アカの付いたシンク。そのまま放置してしまうと、あっという間にホコリと混ざり、ベタベタで落としにくい汚れに重症化してしまいます。そうなると、自分ではキレイにできないとあきらめてしまい、つい、プロの手を借りてしまいがちですよね。そんなお悩みを抱えているあなたに、専用の洗剤や道具がなくても、おウチにあるもので気楽にパパッとできる、インスタントな台所のお掃除のヒケツをご紹介していきますね。

 

台所掃除の前に「断捨離」は必須!

 

まず、お掃除を効率よくするために、台所にある不要なものを処分しちゃいましょう。

たとえば、調理台の上に今、ほとんど使っていない調理器具が置かれていませんか?置いてあるだけでホコリと油が付着して、余計な掃除の手間が増えてしまうので、思い切って処分しましょう。

食器棚の引き出しに入っているコンビニでもらったスプーンや余分な割り箸、引き出物でいただいた食器など、使っていないものは、フリマに出すなどして片付けてしまえば、物が減ってお掃除もしやすくなるはずです。

 

台所掃除は天然の洗剤なら安全!安心!

 

いざ、お掃除を始めるとなると、台所専用の洗剤を、まず、ホームセンターに買いに行くところから?!そう考えただけで、いっきに腰が重たくなってしまうのではないでしょうか?

でも、専用洗剤は、強力なものが多いので、食事を作る場所で使うのは少し心配ですよね?

特に漂白剤は「混ぜるな!危険!」の表示付きで、食器洗い用の中性洗剤と混ざっても危ないので、排水口などを掃除するときは、慎重にならざるをえません。

そんなときに、重曹や酢(クエン酸)などの天然の洗剤が、台所掃除に「時短で安全!」なナチュラルクリーニングの助っ人になってくれるんです!基本の使い分けさえ覚えていれば、トイレや住居用と分けなくても、ほとんどの汚れが落とせるんですよ。

 

安全性の高い洗剤

 

汚れ落としの基本は「中和」させること。

酸性の汚れ→アルカリ性の洗剤

アルカリ性の汚れ→酸性の洗剤 を使用すると効果が高い!

たとえば、重曹、クエン酸には、それぞれ得意な汚れがあります。それぞれの得意、不得意を知って効率よく効果的に汚れを落としましょう。

・重曹:弱アルカリ性で酸を中和する作用があります。人体に無害な物質で、胃の中に入ると胃酸と反応して水と塩化ナトリウム(塩)と二酸化炭素になります。食品用の重曹(タンサン)と掃除用(工業用)の重曹があります。タンサンは掃除用にも使えますが、掃除用の重曹は、食品用(料理、ケーキの膨らし粉など)には使えません。

酸性の油汚れを中和して落とすことができ、生ゴミなどの酸性のニオイも中和して消臭してくれます。(中和作用)粒子が細かく水に溶けにくいので、汚れに直接ふりかけてこすると、クレンザーの役割も果たしてくれます。(研磨作用)

発泡性もあるため、熱いお湯に混ぜて使うと、二酸化炭素が発生し、汚れや焦げ付きなどを浮かせて落とすことができます。(発砲作用)

・クエン酸:酸性。レモンなどの柑橘類や梅干しに含まれている酸。100円ショップなどにも売られています。

・酢:クエン酸の代用可。酸性で、酢の成分にもクエン酸が多く含まれているため、クエン酸がないときに、わざわざ買いに出かけなくても大丈夫です。酢を使う場合は、穀物酢やワインビネガーをお使いください。すし酢や米酢などは調味料やうまみ成分が含まれているのでお掃除には不向きです。

アルカリ性の汚れを落とすことが得意で、無臭。揮発性がないため掃除した部分に酸の成分がそのまま残り、雑菌の繁殖を防ぎアルカリ性の汚れを予防する働きもありますが、表面がいたむ可能性もあるため、材質を選んで使う必要があります。

水アカや電気ポットのカルシウム汚れなどに効果を発揮します。

重曹と混ぜることで、いきおいよく発泡させることができ、その発泡作用で排水口の掃除もできます。

・セスキ炭酸ソーダ:アルカリ性。炭酸水素ナトリウム(重曹)と炭酸ナトリウムを合わせたもので、両者の中間的な性質を兼ね備えています。大型の100円ショップやホームセンターで購入でき、重曹よりもアルカリ性が高く、水に溶けやすいため洗濯にも使えます。

重曹にくらべ、たんぱく質や油汚れに対する洗浄力は高いですが、鍋の焦げつきや水アカ取りには研磨作用のある重曹のほうが得意です。

家庭用洗剤や入浴剤に配合されている成分で、ふきんの浸け置きに特に効果を発揮することでも知られています。

水周りの掃除

1番手軽にお掃除しやすい場所なので、もっと簡単にできるように水アカの性質を知って汚れを防いでいきましょう。

シンクや水栓金具周りの水アカの落とし方

・シンクは、毎日台所仕事を終えるときに「重曹の粉」をふりかけて、スポンジなどで全体をこすって流し、仕上げに水滴を拭き取りましょう。

・水栓金具周り、シンクの水アカは、(※)クエン酸を水に溶いてスプレーしたり、酢を薄めたものでこすったりしてよく水で洗い流すとキレイになります。(水道水中のカルキやカルシウムが固まってしまってできる「アルカリ性」の汚れの水アカは酸性の物質と中和し合って溶けるため)

※クエン酸水(水100mlに対してクエン酸小さじ2分の1)

・しつこい水アカ汚れ、蛇口などの入り組んだ場所にはキッチペーパーを巻きつけクエン酸水をスプレー容器に入れてたっぷり噴きかけて放置します。

30分から、汚れによっては2時間ほどおいてクエン酸水をよく浸透させます。

時間が経ったらキッチンペーパーを剥がし、水アカをスポンジや古ハブラシでこすり落とし、汚れが落ちたらクエン酸が残らないように水で洗い流し、仕上げに水気をしっかり拭き取りましょう。

ちょっとした裏ワザ:シンクの水アカは料理中にも予防できる。

柑橘系の皮や実、ジャガイモの皮などでシンクや蛇口などをこすり、そのあとに乾拭きをすれば、水アカがキレイにとれるので、ぜひ一度、試してみてくださいね。柑橘類には酸性の成分が含まれているのと、ジャガイモの皮のでんぷんが、クレンザーの代わりになって汚れを落としてくれるためです。

エコの観点からも、捨てるものを使って料理しながらお掃除ができたら一石二鳥ですよね!

大事なポイント:水アカになる前に水気を取る。

水アカの原因は水分です。食器を洗ったあとに飛び散った水を拭き取るだけでも、水アカがつきにくくなり、お掃除の手間も省けますよ。

排水口のぬめりや悪臭は?

 

排水口は、台所掃除のなかでもベスト3に入る、後回しにしたい苦手な場所ですよね?これから、少しでもお掃除のハードルが下がる対策や掃除方法を、ご説明させていただきますね。

対策1:排水口のぬめりや詰まりを生まないためにはまず、調理で残った油を流さないことが基本です。

もしも、流してしまった場合には、熱湯を注いで、流した油が固形状にならないようにしていけば、ぬめりや詰まりを予防的に回避することができます。

対策2:排水口のなかにアルミホイルを丸めたものや、ネットに入れた10円玉を吊るしておくと金属イオンが抗酸化作用を発揮して細菌の繁殖を抑え、汚れ防止にも繋がります。

お掃除の手順

・ゴミ受け、トラップを外し古ハブラシなどでぬめりをこすり落とします。

・重曹をたっぷりふりかけてブラシでこすりましょう。(重曹はニオイを包みこんで汚れを落とす働きをします)

・クエン酸や温めた酢、熱湯をかけて発泡させ汚れを浮き上がらせます。

・10分ほど放置してから浮いてきた汚れを洗い流します。

月に一度はしっかり汚れを落とす習慣をつけると、ぬめりとニオイはかなり防げます。

換気扇のお掃除方法

 

換気扇はベタベタ、ギトギトで外すのも、汚れ落しも難易度が高い!と最初からプロにおまかせのお掃除箇所ナンバー1なのではないでしょうか?

でも、重曹を使えば必死にゴシゴシしなくても汚れが落としやすくなるんですよ。

お掃除の下準備

・電源を落とします。

・フィルターを外します。

・カバーとファンを外します。(可能であれば)

お掃除の手順

・分解したパーツ、換気扇フィルターや五徳(コンロの)なども一緒に重曹水(40〜50℃のお湯に100g程度の重曹を入れる)に浸けこみます。

・30分ほど放置して汚れを浮き上がらせます。

・浸け置き中に、外せない部分のパック(重曹4+水1を練ってペースト状にしたもの)+放置をしてから古ハブラシで汚れをこすり落とします。

・お湯に浸して絞った雑巾で水拭きし、仕上げに乾拭きをします。(最後にリンスや柔軟剤を塗っておくと次のお掃除がしやすくなります)

コンロやグリル周りの汚れを落とすには?

 

調理中の油が飛んだりするコンロやグリルは、少し放置しただけで、すぐに汚れがたまり

お掃除が億劫になる場所です。汚れをためずに最小限の努力で落とすようにする方法をご紹介していきます。

汚れ予防:日頃の習慣としては、コンロ使用後の温かいうちに、台拭きなどで油汚れを毎回、拭き取っておけば、比較的キレイな状態を保つことができますよ。

重曹でのお掃除の仕方

・天板など、汚れの気になる部分に直接、重曹の粉末をかけて汚れが浮き上がってくるまで放置します。汚れのひどい場合は、粉石けんを重曹4+水1の練ったものにプラスして、パックしておくと、汚れがゆるんで落としやすくなります。重曹がバーナーの目などに残らないように、仕上げはしっかり水拭きしましょうね。

・焼け焦げがこびりついた五徳は、水200mlに重曹大さじ山盛り1杯の割合で溶かし、沸騰したら五徳を入れて10分煮ます。(水の量は鍋の大きさによって加減してください)火を消してから2時間くらい放置し、仕上げに汚れが残っている部分に重曹の粉をふりかけて、古ハブラシなどでこすって残りの汚れを落とします。

・グリル内部のお掃除の順番→重曹をお湯で溶かした中に、キッチンペーパーを浸して加熱し、グリル内にパックするように貼ります。

汚れが浮いてくるまで30分くらい放置したら、割り箸などに布を巻きつけて、残りの汚れをこすり落としましょう。

仕上げに、水拭きのあと、乾拭きをして終了です。

電子レンジ、オーブンのクリーニング

 

電子レンジやオーブンは、油がはねたり、噴きこぼれしたときに、応急処置で拭いたりはしているものの、扉が付いていて庫内は常に視界に入ってこないので、お掃除をなかなかやらない器具です。でも、料理を直接、加熱する空間ですので、定期的にキレイにしておきたいですよね。安全な重曹水スチームでカンタンに済ませてしまいましょう!

水200mlに対して重曹大さじ1を目安に、耐熱容器に入れて加熱します。

そのまま5分くらいおき、庫内を蒸気で蒸らしてから内部を拭き掃除してください。スチームで落ちない汚れは、古ハブラシに重曹の粉をつけてこすり落としたり、コンロの汚れ落としにも使う重曹パックを、汚れにのせてしばらく放置すると、落としやすくなります。

※オーブンも電子レンジと同様にお掃除してみてください。

冷蔵庫やキッチンの収納扉や調理台などもキレイに!

 

台所で炊事中は、冷蔵庫やキッチンの収納庫を触った手で、直接、食品に触れることも多々あるため、扉や冷蔵庫内も安心で安全な重曹でキレイにしたいですね。

手軽に使え、汚れやニオイ取りにイチオシの天然の洗剤

重曹スプレー:水100mlに対して重曹小さじ1の割合でよく溶かし、スプレー容器に入れて使います。(重曹は固まりやすいので、作った重曹水は7〜10日で使い切るようにしてください)

汚れには→冷蔵庫内の棚や扉、調理台や収納扉に付着した手アカや皮脂汚れ、湯アカなどの酸性の汚れに噴きかけてから、タオルで拭き取ればキレイになります。

消臭の役割も→冷蔵庫内には容器に粉末の状態のまま入れておくとイヤなニオイを吸収してくれます。(1〜2ヶ月に1度を目安に交換し、そのまま重曹水や重曹パックに再利用してくださいね)流し台の三角コーナーや排水口、魚焼きグリルのニオイ消しにも効果を発揮してくれますよ。

ステンレス製品やふきんなどのクリーニングには?

台所で使う小物や布素材に適したセスキ炭酸ソーダについて

セスキ炭酸ソーダは、重曹よりも、たんぱく質や油汚れに対する洗浄力が高く、水にも溶けやすいため、ふきんなど台所で使う布物のお洗濯には重宝します。

また、ときどきはキレイにしたいステンレス製のカトラリー類は、水3リットルに対して大さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを入れて鍋で煮沸し、古ハブラシなどでこすると、曇りがとれてピカピカになります。

同じアルカリ性のナチュラルクリーニングでも、重曹とセスキ炭酸ソーダは得意、不得意分野が違うため、目的別に使い分けましょう。

 

・重曹のメリット、 デメリット:ニオイを吸収し、クレンザーの役割も果たしますが、水に溶けにくく、固まりやすいです。

・セスキ炭酸ソーダのメリット、デメリット:重曹よりアルカリ性が高いので、ガンコな油汚れに強いです。水に溶けやすいため洗濯にも使えますが、鍋の焦げつきや水アカ取りには重曹のほうが強いです。ニオイ取りの効果はありません。

・両者共通の注意点:アルカリ性のため、長時間使用すると肌あれをおこすこともあるため、かならずゴム手袋を使用しましょう。

アルミ製品に使うと、表面が黒ずんでしまう場合もあるため注意が必要です。

最後に、あると便利なお掃除ツールについて

 

いままで、ナチュラルクリーニングのご説明をいろいろして参りました。

洗剤は、わざわざ専用のものを買いに行かなくても、身近にあるもので活用できることは、おわかりいただけましたでしょうか?

それにともなって、台所掃除グッズもリサイクルのアイテムや台所に常備しているものでじゅうぶんなんですよ!

便利なお掃除アイテム

・古ハブラシ(毛先を半分にカットして使います)

・キッチンペーパーとラップ(重曹パックなどに)

・ゴム手袋と軍手(軍手は汚れも拭き取りながら作業できます)

・スプレーボトル(重曹水スプレーなどに)

台所掃除を、ラクにするコツとまとめ

 

お掃除は、なるべく汚さないところから始まっていると思います。

いかに汚れを予防するか?ひどい汚れに発展させないかが、重要なポイントです。

気づいたときに、こまめに油汚れを拭いたり、洗い物の最後には仕上げで、シンクの水分を拭き取ったりしていけば、あらためて、ガンコな油汚れや水アカの掃除で苦労しなくてもよくなるはずです。汚れの種類や特徴を知って、アルカリ性と酸性をじょうずに使い分けて、かしこいエコなお掃除をしていきましょうね!