サーキュレーターは必用?!扇風機より〇〇がグッド!

あなたのお宅ではサーキュレーターを使われていますか?

我が家にも数年前から頂きもののサーキュレーターがありますが扇風機にくらべ高さはなく、角度も上向きで夏の暑い日に涼むとき、使い勝手が悪そうで押し入れにしまいっぱなしになっていました。

ところがこの2つの家電は同じ用途でつくられていない!!と遅ればせながら最近知り、せっかく家にあるのなら効率的に使うにはどうすればよいか?

また、サーキュレーターの必要性についてもいろいろ調べてみました。

その結果、なんと扇風機とはそもそも違う用途の家電だったんですね。

それではさっそく1年をとおして大活躍するサーキュレーターについて見ていきましょう。

なぜサーキュレーター?扇風機で代用は不可能?

最初にサーキュレーターとはなにか?というところからはじめてみましょう。

サーキュレーターには羽がついており扇風機と形が似ているところから夏に涼む目的で使う家電と思われるかたが多そうですね。

私もじっさいそのなかまでした。

しかし今回調べてみて、この2つの家電については違いだけではなくすてきな発見がいくつも見つけられたんですよ。

サーキュレーターは扇風機とどう違う?

それではこの2つの家電のじっさいの用途や特徴についてご説明していきましょう。

・サーキュレーター:部屋の空気を回転させる目的の家電。強力な風を遠方まで届けることができ、屋内の空気を効率よく入れ替えたり、場所によって気温差がある空気をかきまぜたりして室内全体の気温を均一にする作業が得意。送風範囲はせまくモーターが大きめなので音がうるさい。コンパクトで軽量な機種が多く持ち運びもラク。

・扇風機:人に直接風をあて清涼感をあたえる目的の家電。羽が大きく送風範囲も広いのでやわらかい風を送ることが可能。高さや首振り機能が充実していて静音性に優れている。背が高く羽も大きめで重い。

以上の特徴をご覧いただくと、それぞれ得意分野とメリット、デメリットをおわかりいただけますよね?

使う目的や用途によって使い分けるとサーキュレーターが必用な理由もわかり、さらに快適な生活が送れると思います。

サーキュレーターの電気代は?効率のよい使用方法

次に電化製品を使ううえで、ゆずれない点は電気代ですよね?

この2つの家電を個々にくらべてみると、大きさや機種にもよりますが扇風機のほうが安くなります。

しかし、サーキュレーターは空気をかくはんさせる機能に優れていることからエアコンとあわせて使うと節電につながります。

冷暖房を使うときは設定温度を1度上げる(下げる)ことにより10パーセントの節電が可能になります。

サーキュレーターの得意を生かした使用法

では、循環機能に優れたサーキュレーターの具体的な使用法についてあげてみます。

・冷暖房(エアコン)とあわせて使うとき

冷房:サーキュレーターをエアコンの真下に置き吹出口からでる冷気が下にいくのを送風によって上に流す。

暖房:エアコンから少し離れた位置にサーキュレーターを置き天井ちかくに集まった温かい空気に風をあてて下に流す。

エアコンでの冷暖房は室内で温度差がでるため、サーキュレーターの風でまんべんなく空気をかきまぜて部屋の中全体を平均的な温度にととのえます。

・洗濯物の乾燥に使う

洗濯物を部屋干しする際には扇風機をあてて乾かすこともあります。

しかし、扇風機は洗濯物に対して真横から風があたるため乾き方にムラがでやすいです。

それにくらべ、サーキュレーターを使うときは室内の空気を強力な風で回転させるので、洗濯物にまんべんなく風があたり早く乾きます。

・部屋の換気用

室内の空気をすばやく入れ替えたいときは、窓を2箇所開けた状態でサーキュレーターの風をあてると短時間で完了します。

いかがですか?

扇風機は夏に活躍する家電ですが、サーキュレーターは年間をとおして生活に必用な家電という結論につながりそうですね。

サーキュレーターは効率的な生活に必用な電化製品です!

では、今回のまとめに入ります。

扇風機があれば必用ないと思ってしまっていたサーキュレーターですが、空気を回転させる機能が優れているため冷暖房費節約や洗濯物の乾燥など1年をとおして「あれば快適にすごせる家電」ということがよくおわかりいただけたでしょうか。

したがって効率のよい生活をめざすあなたにはサーキュレーターが必用かとご提案します。

最近では、音も静かで機能性の高いオシャレなデザインのものをよく見かけるようになりました。

ぜひお好みのサーキュレーターを見つけて快適な毎日のお供にしてみてはいかがですか?