美魔女で更年期知らず?!40代から第2の青春

 

ひと昔前と違って、最近はオシャレなアラフォー女性をよく見かけるようになりました。

他者からの視覚的高感度が高くなるだけではなく、自分自身の若返り効果としてもオシャレな美魔女をめざすことは大変有効なことです。

あなたも年齢不詳の美魔女になってみませんか?

そもそも、美魔女って何?どーゆー定義なの?

なんと?!この私自身も2年前の高校の同級会で言われた言葉が「美魔女」でした。

高校当時、男子にモテて目立っていた女友達から「だれ?!この美魔女?って思っちゃった!他のみんなは、ひさしぶりに会っても、だいたい、わかったけど、〇〇だけは、わからなかった」と後日談で打ち明けられ、まんざらでもない気分だったのを覚えています。

テレビでは、よく耳にする「美魔女」ですが、普段使いされているところはあまり見かけたことがなかったので、早速ネットで正しい意味?!を検索してみました。

美魔女は、光文社が発行するファッション雑誌「美STORY /美ST」による日本語造語。才色兼備の35歳以上の女性を指し「魔法をかけているかの様に美しい」ところからきている。(引用:Wikipedia)

と解説されています。

魔女って聞くと、白雪姫の継母で毒林檎を持ったおばあさんを連想するひとが多いかもしれませんが、継母も表向きは美女の姿を見せていたので、美しい=魔女も成立してしまいますよね。

と、ゆーことで、20代、30代はとうに過ぎていても「美魔女」って言われたりしたら、前向きな気持ちになれて良いことだと私は思います。

世間ではオバサン呼ばわれされ始めるアラフォー世代も、美魔女と呼ばれるだけでプラス思考になれて若返ることができそうじゃないですか?

ひさしぶりに会うひとは、正直な反応をしてくれることが多いので貴重なご意見は謙虚に受け止め、これからの自分に生かしていけたらいいですね。

「 私は、もう、オバサン!」という自己暗示が、更年期症状を増幅させる?!

あなたは以前テレビで、老人ホーム等のおばあちゃんたちに化粧品メーカーの社員がメイクを施している場面を見かけたことはありませんか?

すっぴん時からメイク終了までの間に、おばあちゃんの顔がどんどん晴れて明るい表情に変化していき、メイク完成時にはかわいらしさまで加わった笑顔に仕上がっていました。

おそるべし!化粧の変身効果!

お化粧は、心の中から元気にする効果もあるということが証明されたワンシーンに見受けられました。

いくつになっても、視界から入る情報はとても重要で、精神面にも大きな影響を与えるということが、老人ホームでの化粧体験からもお分かりになれると思います。

 「病は、気から」と言う言葉を、あなたもご存知ですよね?

この言葉のとおり、若さや美しさも気からではないでしょうか?

以上のように、気持ちが前向きで元気なら、若々しく健康的な生活をおくることができそうですね。

常に、身だしなみを整えて、プラス思考でいることが、更年期の不調にハマらずに、ゆるくスルー出来る方法の一つかもしれないので是非、試してみてください。

40代は、まだまだ、ママ活で多忙!

近頃は、結婚、出産年齢も上がり、40代では、当たり前に子供の学校行事やPTA活動にも積極的に参加しなければなりません。

我が子に「おかあさん、変な服装で学校にくるの、やめてよ!友達に見られたら、はずかしい!」

などと言われないように身だしなみには気をつけたいですね。

買い物に行く時も、あなたなりの「好き」でコーディネートして出かける!ことから始めてみませんか?

美魔女をめざして、更年期知らずのワクワクした40代を楽しみましょう!

いまの世の中、平均寿命はずいぶんと延びて「老後は2000万円必要」などと言われてます。

人生80年と考えると、40代は2回目の成人式を過ぎたくらいのところ。

子供が喜ぶ、若いキレイなお母さんをめざすことは、辛い更年期症状をカバー出来る自然のサプリメントにもなり得ます。

1度目の成人式のころの自分に負けないように、旬のコーディネート、髪型、ファッションに敏感になって、ステキな40代を過ごせるといいですね!