美魔女を目指せば、更年期も怖くない!40代からが、人生本番!?

 

アラフォーになってしまったら、、、わたし、オンナとしてもうおしまい?って思ってしまってませんか?でも、まだまだ、あなたはこれからです。すてきな美魔女になって見ませんか?

 そもそも、美魔女って何?どーゆー定義なの?

  私が、美魔女、という言葉の意味をネットで検索したのは、他ならぬ、私自身が、2年前の高校の同級会で言われたからでした。

  それも、高校当時は、男子にモテて目立っていた女子に、「だれ?!この、『美魔女』?って思っちゃった!他の人は、みんな、わかったけど、〇〇だけは、わからなかったよ」と言われて、ぜんぜん想像もしてなかったので、とても嬉しかったです。

   しかし、テレビでは、よく耳にする言葉でしたが、一般人に使うのは、初めて見たので、ネットで検索してしまいました。

  美魔女は、光文社が発行するファッション雑誌「美STORY /美ST」による日本語造語。才色兼備の35歳以上の女性を指し「魔法をかけているかの様に美しい」ところからきている。(引用:Wikipedia)

  と解説されています。

  なるほど、です。

  魔女って聞くと、ちょっと怖いですが、、、

白雪姫の、継母、毒林檎を持った、おばあさんをどうしても、連想してしまいます。

  でも、、と、いうことは、アラフィフでも、2年前の私は49歳でしたので、「美魔女」って言われることも可能?

  20代、30代じゃなくても、容姿は見られている?!まだまだ、油断禁物だぞ!と、いう前向きな結論に達しました。

  おばさん真っ盛りですが、少し希望の光が見えて、もう少し、頑張らないと!って考え方に切り替わりました。

  その時は既に、更年期と言われる時期でしたが、今に至っても、辛い身体や心の症状はほとんど、出ていないと思います。

「 私は、もう、おばさんなんだ!」という自己暗示が、更年期症状を開花⁈させてしまうかも?

  よく、老人ホーム等で、女性の入所者の方に、化粧品メーカーの社員が、メイクをしている場面をテレビで見かけたことは、ありませんか?

  すっぴんの時から、メイク終了までの間を視聴していると、メイクされているお年寄りの女性の顔が、だんだんと明るい表情に変化していき、メイク完成時には、自然で、なんとも言えない優しい笑顔になっているのを、あなたもご覧になったことは、ありますよね?

  視界から入る情報は、とても重要で、精神面にも大きな影響を与えるということが、老人ホームでのメイクシーンからも、お分かりになると思います。

  そのくらい、女性にとって、見た目が、心に与える影響は大きいということです。

  「病は、気から」と言う言葉を、あなたもご存知ですよね?

  したがって、気持ちが前向きで元気なら、体調も崩しにくいという理屈は、正しいと思います。

  常に、身だしなみを整えて、前向きな気持ちでいることが、更年期に気づかず、ゆるくスルー出来る方法の一つでもある、ということに、少しはご納得いただけましたでしょうか?

40代は、まだまだ、ママ活で多忙!

  近頃は、結婚、出産年齢も上がり、40代では、当たり前に子供の学校行事、PTA活動にも、参加しなければなりません。

  そこが、ポイントです。

  子供に、「おかーさん、学校にくるの、やめてよ!友達に見られたら、はずかしい!」

  とか、言われたことが、ないか?チェックしてみてください。

  もし、無ければ、セーフですが、油断は禁物です。

 このまま、言われることのないよう、気持ちを引き締めて、今の状態をキープしましょう。

  おばさん劣化を防いで、我が子に「おかーさんのこと、めちゃくちゃ美人じゃんってクラスの〇〇ちゃんに言われたよ!」って、感謝の台詞を言われるくらいを目指して、頑張りましょう。

  ただ、これは、一朝一夕にならずで、日々の地道な努力の積み重ねで、実現出来ることだと思います。

  家の中では、楽な部屋着でも、構いません。

  でも、近所のスーパーに買い物に行くだけだからといって、すっぴん、部屋着のままで出かけるのは、NGです。

  どこで、誰が見ているか、わからない、誰に会うかわからない、と常に思って、身だしなみにも最低限、気をつけていれば、子供の学校に行く時に、テンパったメイクや服装にならないはずです。自然体で行けます。

  まずは、スーパーや近所に行く時も、気を抜かない。自分の好きな洋服を着て、メイクは洋服に合わせた色にするだけで、気持ちも、随分、前向きに明るくなるはずです。

美魔女を目指して、更年期知らずの素敵な40代を楽しもう!

  いまや、平均寿命は、ずいぶんと延びて、老後は2000万円、必要とか、言われてます。

  そう考えたら、40代なんて、まだまだで、2回目の成人式が過ぎたばかり!と、発想の転換をした方が良さそうですね。

  子供が喜ぶ、若い綺麗なお母さんを目指すことは、更年期の辛い症状をカバー出来る、サプリメントになり得ます。

  20代同様、今年流行りのカラー、口紅の色、髪型、ファッション、に興味を持って、女磨きをして、40代を目一杯、楽しみましょうね!